ピアノ教室の広告チラシが0円に!

ピアノ教室・音楽教室のチラシ広告料をゼロ円にしましょう!

ピアノ教室の広告チラシに毎月いくら使ってますか?

ピアノ教室の広告チラシに毎月いくら使ってますか?
例えば、新聞折込チラシでピアノ教室の広告チラシを1000枚打ったとします。

1000枚×@4.3(折込料金+紙代印刷代)=4300円

※ちなみに、この金額は最低料金です。(リースなど印刷機を持っているなら可能)
 個人の先生が自宅のパソコンでチラシを作って印刷したら、インク代など単価はもっと高くなります。
 ましてや、音楽教室を運営しているなら、1ヶ月に1000枚のチラシではお話になりません。

さて、
通常、マーケティングでは、1000枚に1件の問い合わせになります。
つまり、4300円使って1件の問い合わせになります。
しかし、 この時点で、まだ問合せですから入会するかどうかは分かりません。

ですから、後は1ヶ月に広告費にいくら使えるかで、入会者の人数が決まってきます。

毎年、チラシに反応率が悪くなっている中、
どこの音楽教室も(個人のピアノの先生も)広告チラシの予算は切り詰めていかなければなりません。

それでは、これから生徒募集のチラシはどうしたらいいのでしょうか?
ピアノ教室チラシの広告料をほとんど使わなくて、
問合せの電話が鳴るようにするためには何が必要なのでしょうか?


>>ピアノ教室のチラシ広告はもういらない!


「のだめ効果」ってご存知ですか?
あの「のだめカンタービレ」のテレビ放送で、バイオリン教室の問合せが大変多くありました。
いわゆる、マス広告と言うものです。

それが地域の音楽教室レベルや個人レベルで出来てしまうんです。


>>ピアノ教室を宣伝して口コミになるのがコレ!